プラセンタ注射

更年期障害・肝機能障害に保険適用

プラセンタとは?PLACENTA

プラセンタ注射哺乳類動物の「胎盤」のことをプラセンタと言います。
妊娠したときに母体と赤ちゃんをつなぎ育てるための臓器ですが、元々女性が持っているものではなく受精卵が子宮内壁に着床してから初めて作られる臓器です。
そして、胎盤は出産とともに母体外へ排出され、その短期的な役目を終えます。
赤ちゃんは母親の体内で10ヵ月の間に約3kgにまで育ちますが、この生命を育てる役割を担っているのです。
したがって、胎盤には生命を育むたの豊富な栄養素と有効な成分が含まれているのです。
医学ではこの胎盤の効力に世界中が注目しており、若返りだけでなく滋養強壮など多くの漢方薬にも使われています。

プラセンタの主な効果RESULT OF PLACENTA

①美白効果

シミの元であるメラニン色素の生成を抑えると共に、くすみを取り除きます。

②保湿効果

保湿力が高く、しっとりとした肌が長時間持続。<br>肌荒れや感想肌に効果的です。

③コラーゲンの生成促進

肌の弾力に必要なコラーゲンの生成をサポート。<br>もっちり肌を作ります。

④細胞の活性化

新陳代謝を高め、お肌の血行を良くし、ターンオーバーを正常化させる事で肌にハリツヤを与えます。

⑤抗酸化作用

老化の原因は活性酸素と言われていますが、その発生を抑えることで若々しさを保ちます。

⑥抗炎症作用

にきびや赤み、かゆみなどの炎症を抑えます。

⑦免疫力の強化

免疫力を高め、健康な体づくりをします。<br>またアトピーや花粉症の症状を改善させる働きもあります。

⑧疲労回復

体の疲れ、肩こりなどを取り除き、風邪の回復や風邪をひきにくくなる作用をします。

⑨更年期障害・肝機能改善

プラセンタエキス「メルスモン」は更年期障害、「ラエンネック」肝機能障害に保険適応です。

⑩抗アレルギー作用

免疫システムを調整回復し、アレルギー反応を制御します。

プラセンタの成分COMPONENT OF PLACENTA

プラセンタの成分としては以下のようなものが豊富に含まれることが分かっています。
いずれも美容と健康の維持・促進に不可欠な成分です。

プラセンタ注射

副作用はありませんか?SIDE EFFECTS

注射部位の反応として赤みや痛みがあります。
全身の副作用としてはショックや過敏症反応(悪寒、悪心、発熱、発疹など)があげられますが、これらは薬剤でしたら必ずあげられるものであり、プラセンタであるから特に起こしやすいということは全くありません。
注射するプラセンタは人の胎盤からつくられた医薬品です。
原料となる胎盤採取については、問診、感染症関連検査、製造過程の加熱処理を行い安全対策を講じており、現在までにクロイツフェルト・ヤコブ病等が伝播したとの報告はありませんが、可能性はゼロではありません。

どれくらいの間隔で注射するの?INTERVAL

週に2回の割合で3ヵ月続けます。
その後は、医師が効果を確認して間隔を決めていくことになります。
プラセンタ注射(1アンプル)
1,000円
※ご質問・ご相談はドクターまでお気軽にお尋ねください。