院長 山本 篤

私って変な人だってよく言われるんです(笑)
一つの物事を上から見たり下から見たり、斜めから見たり横から見たり、たまにぐるっと回してみたりするんです。そして患者さんが目を「真ん丸く」するようなびっくりすることを僕が言うんですよ。そうすると、僕の目が「真ん丸く」なる、びっくりするようなことを患者さんが話し出すんです。そしてねぇ、涙があふれたり、笑顔があふれたりするんです。いっぱいいっぱいになってたものだったり、全然足りないものだったりが良い加減になるんですよ。 本当に、ここは「おもろい空間」です。

山本 篤
担当診療科目
資格
日本内科学会認定内科医
The Faculty of Homeopathy Licenced Associateship
Liga Medicorvm Homeopathica Internarionalis Member
卒業大学
川崎医科大学open_in_new  卒業

倉敷市に高校も大学もありました。
青春時代の思い出は、ほとんど倉敷においてきました。
そして卒業後、神戸大学の第1内科に入局しました。

生年月日
昭和43年12月11日
星座
いて座

職務経歴CAREER

  • 国立神戸病院(現:神戸医療センター)open_in_new

    研修医として国立神戸病院(現:神戸医療センター)で3年間過ごしました。
    循環器内科を中心に、胃カメラや、腹部エコー、心臓エコー、心臓カテーテル検査など様々な検査の技術と、治療法を実践的に学びました。
    この時に震災を経験し、自分の無力さを知ることにもなりました。

  • 神戸大学医学部附属病院open_in_new

    研修が終わると、神戸大学病院で循環器内科を専門的に学びました。特に、心臓核医学というラジオアイソト-プを使った検査について学びました。
    国際学会などにも出席し、医師としての経験を深めました。

  • 鐘紡記念病院(現:神戸百年記念病院)open_in_new

    現在は神戸百年記念病院となっています。この病院にて、心療内科を学びました。
    精神科の医師に指導を仰ぎ、向精神薬の使い方を教えていただきました。また、学会や研究会で、様々な治療的アプローチも身に付けました。
    その一つが、ホメオパシーというヨーロッパの統合医療です。

  • 麻生飯塚病院(現:飯塚病院)open_in_new

    漢方について、本格的に勉強するため単身赴任しました。
    福岡県の飯塚市は炭鉱の町です。また、麻生太郎さんの実家の病院としても有名です。せんじ薬を使って、入院も含めた漢方治療を学びました。

  • はやしやまクリニック「希望の家」 ホスピス

    このホスピスは、在宅医療を中心にしたホスピスで、日本でも数少ない本物志向の施設です。
    ここで、院長として年間180人近くの方々の看取りに関わらせていただきました。
    在宅医療や緩和医療について、学びました。

  • その他

    北都病院、神戸労災病院、阪神漢方研究所付属クリニック、神戸大学医学部附属病院拒食症外来